海外に行くというのも珍しいことではなくなっている時代です。多くの人がパスポートを所有していて年末年始やGW、お盆休みなどを利用して海外に出かけるようになっています。また、仕事の都合で出張という形で行くこともあります。
海外に行く際には空港を利用することになるのですが、日本にある空港で最も大きなところが成田空港になります。成田に行くには電車やバスでも行くことができるのですが、荷物が多かったり、同行者がいる場合などには自家用車が便利です。
自家用車で成田に行くということになると、駐車場のことを検討する必要があります。どこに停めることにするのかということによっても料金や時間、形態なども違ってきます。できるだけ安く済ませるためにはどうすればいいのかということを考えていきましょう。

距離の近さでは空港の敷地内の駐車場

成田の空港敷地内も駐車場があります。成田空港には最近第三ターミナルもできて、3つのターミナルがあるのですが、それぞれに近い場所にあるので、自分の利用するターミナルに行きやすいところを選ぶといいでしょう。徒歩で行くことができ、屋根があるので雨などでも問題なく移動をすることができます。行きや帰りでもわずらわしさがないので、とても便利に使えるでしょう。
ただ、敷地内にあるところでは料金が少し高めの設定になっています。とにかく近い方がいいという人では料金に関係なく利用すればいいですし、安いところにしたいということであれば、近隣にある民間のパーキングがいいでしょう。
また、敷地内のところでは24時間で出入庫が可能だったり、クレジットカードを支払いに使うことができるという利点もあります。

料金が安いのは、民間のパーキング

何よりも価格重視という人では安く停めることができるところがいいと思うことでしょう。そうなると、近隣に数多くある民間パーキングで探してみると、かなり安いところを見つけることができるでしょう。
料金の安いプランとしては、そのままパーキングに乗り入れをして無料の送迎バスで空港まで送ってもらうというものになります。少し時間はかかりますし、中には車の移動があるために鍵を預ける必要があるところもあります。しかし、一日あたりの料金が300~400円程度で済むこともあるので、空港に隣接しているところよりもずっと安いのです。
民間のパーキングでもセキュリティが万全のところが多く、またポイントや割引、粗品進呈や無料洗車などのサービスが付くところもあるので調べてみるといいでしょう。